Loading

BLOG

韓国で感じた事その②

今回はアクセサリー全く関係ありません。ただ、韓国を訪れて思った事や感じた事を書きます。

写真は私が物凄く気合を入れてアイプチしてカラコンを入れ40分くらいかけて化粧をし、更にフォトショップを駆使して作り上げた目です(笑)こういう目が理想なのですが、スッピンは全然違います。(^_^;)

空港でも免税店でも街中でもそうだったのですが、整形手術直後とみられる方が沢山いました。

痛々しいガーゼや包帯、鼻にはギブス?のような物を顔に付けたままお買い物やランチを楽しんでいます。物凄く普通に、自然に。

思わずビックリしてしまい、失礼とは分かっていながらも何度も振り返ってはまじまじと見てしまう…

手術後はお化粧できないからか皆すっぴんなので、傷跡がハッキリ見えます。

私は個人的には整形賛成派で、誰にも迷惑はかけていないし、むしろそれで前向きになれるのであれば良い事だと思っています。

でも、ここまで沢山の人が大っぴらにやっているのを目の当たりにすると何だか不思議な気持ちになりました。

美しくなることは勿論良いことだし素晴らしい事です。それが整形であろうが何だろうが、タダではなく痛みとお金と引き換えに手に入れるものです。

立派な、と言ってはいけないのかもしれませんが、馬鹿にする事ではないと思うのです。

しかし、もしかして悩みぬいた上に決断する訳ではなく美容院に行く感覚でやる人が多いのでは?と感じました。

嫌だったらまた直せばいい。そんな感覚。

帰りの飛行機で楽しそうに話す日本人の母娘を見ました。20歳くらいの女の子の瞼には痛々しい傷が。時間がたてば治るのかな…もしかして失敗だったんじゃ、と思ってしまうような…。

私が学生だった時代には考えられないような軽さで、きっと整形をしていい時代になったのだなと、何だか自分がお婆ちゃんになったような気持ちになりました。

美しくなりたい、という強い気持ちは私にもあります。人間なら誰しもあるのだと思います。その想いの強さは別として。

美容外科のCMは以前より沢山流れているし、高須クリニックのデータによると日本女性の11.3%が何らかの美容整形を受けているとか。

そして将来的に一生のうちで美容整形を受ける女性の割合は30~40%になるのではないかと予測されるそうです。

将来的に40%の人が整形をしている世の中になったら、同じ様な顔の人でいっぱいになるのかな…?

でもそんな時代が来たらきっと、今度は一重瞼の人がもてはやされそうな気がする。

小学校の時、ブスだという理由で長い間イジメられた事があります。中学1年になるまで同じ女の子にいじめられ続けました。特別に不細工と言うわけではないはずなのですが、当時は本当に辛くて悔しかった。

今思えばイジメられていた原因はブスだからではなく、協調性がなく生意気だとか、思った事を遠慮なく言ってしまう事や考え方など少し変わっている所があったからだと思うのですが。

子供だった私は本当にブスだからいじめられているんだと言葉通り受け取ってしまいました。体も小さく発育も遅かったので、体の事を言われるのは本当に悔しかった。

私をいじめていた子は、都会から来た転校生でモデルのオーディションとか受けてるような美人でカリスマ性のある子でした。そんな子にブスと言われると口達者な私でも返す言葉が見つからず。

カリスマなのでもちろんクラス中の女子からシカトされました。カリスマの言う事は絶対なのです(笑)小学校特有の、何かあるとすぐ2人組作って下さいのくだりとか本当にもう地獄でした(笑)

姉が俗にいう美人だったので余計にコンプレックスのあった私は、何で自分はこんな顔でこんな体型なんだろうと悔しくて悲しくて家に帰って泣きわめいたりしていました。

あんまり毎日言われ続けると、本当にブスは生きてちゃいけないような気がしてきてしまうのです。そんなはずないのに。

地元に残っていたら、広い世界を知らずにきっとまだ泣いていたのかもしれない。しばらくトラウマになるくらい傷付きましたが、高校では友人に恵まれ、東京に来てからも本当に色んな人と出会って、強くなれました。

たった一人でもスッピンの自分を心から可愛いと言ってくれる人が現れれば、痛みやお金を引き換えにして変わらなくても良いのかもしれない。

目に見える容姿の事を言っているのではなく、“愛おしい”という感情がその人の目を通して相手を美しく可愛く見せるのです。

私は一般的に見てとびきりのイケメンと付き合ったことはありませんが、いつだって好きな人は誰よりもカッコ良く見えていました。

そしてその人たちも必ず私の事を可愛いよと言ってくれていました。(本心は確かめようがありませんが。)

ブサイクだから絶対に見せないと決めていた幼稚園や小学校時代の写真を見て、心からの笑顔で『可愛い!』と言ってくれました。全然可愛くないのに。

でもその人に出逢えたから、私は見た目の呪縛から少し解き放たれました。

欲を言えば私だってもっと大きな目が良いし、小さくて高い鼻になりたいし、シワとか消したいし大きな胸とかほしい。(欲張り)

でも今は、まぁこれでもいいか。と思っています。

もっと早くに自分の事を受け入れてくれる人に出会えていたら、こんなに容姿の事で悩んだり苦しんだりしなかったのにと思う事もありますが、今はこんな風に思えて良かったと思います。

ずいぶん遠回りをしましたが。

見た目だけではなく内面から溢れる、その人にしかない魅力が必ずある。それに自分が気が付ければ良いし、人に気付いてもらえたらなお嬉しい。

少しヘンテコであまり賢くない私を、面白いと言ってくれる人に出会えるまで、私もとても時間がかかりました。

そのままの自分でも、綺麗だよと言ってくれる人は必ずいると思う。きっと誰もが人生で一度はそういう人に出会うと思う。

もし今そんな経験がない人は、その価値を分かってくれる人にまだ巡り逢えていないだけで。

簡単に手に入れられる物は簡単に失う。

アクセサリーでも、安く沢山売っている物は大概の人は大切にしない。

大量生産大量消費の時代。

だからこそ私は1点モノとか、一つ一つ微妙に違う天然素材に惹かれてしまうのかもしれない。

皆とは違う、唯一無二の物を手に入れたいと強く思う。

*****

何だか今日は感傷的なブログになってしまいました。

ホワイトデーが終わったばかりなのできっと許してもらえるはず(笑)

韓国で感じた事。

有楽町のマルイでの催事が無事に終了しました。

関連記事

  1. グリーントルマリンが最後の1個になりました。

    2016.05.04
  2. メンズアイテムが出来ました☆

    2016.04.08
  3. しがみつく。

    2018.07.19
  4. 本日から16日まで有楽町マルイ1階タピエスタイルにて出展です。

    2017.03.09
  5. お盆休暇について

    2017.08.02
  6. 真っ黒な手!!

    2016.03.14

Facebook

PAGE TOP