Loading

BLOG

ご家族の誕生石を付けたオーダーリング

少し前になってしまうのですが、オーダーのご相談で4石の石を付けてリングは出来ますか?というお問い合わせをいただいました。

基本的に一つのリングに石を2粒まで付けた物しかネットショップにはないのですが、ご相談いただければ可能な事も多くあります。

メッキの色に関しても、18金メッキ、ロジウムメッキ(シルバーカラー)、ピンクゴールドメッキ、黒ロジウムメッキ…

黒ロジウムメッキはあまり聞きなれないかもしれませんが、艶のある黒いメッキでカッコイイ、シャープな雰囲気が好きな方にはおススメです。

ちょっと写真がないので後日InstagramやTwitterでUP出来ればと思います☆

さてさて、通常は真鍮線を熱して叩き丸めて、それから石座をのせて溶接をする、という工程なのですが(制作工程を見たい方はこちらのブログをお読みください→)

この方法だと通常2粒までしか石がつけられません。それは溶接時に使用するロウ材という金属同士を溶かしてくっつける材料に関係しています。

私の場合、3分ロウ、5分ロウ、7分ロウ、早ロウという4種類のロウ材を使用しています。

数字が小さいほど高温で溶けるロウ材になります。3分では780℃でロウが解け始めますが5分では750℃、7分では720℃、早ロウは640℃となっています。

溶けるタイミングが違うので、リングの輪の部分を溶接するのは3分、次に石座を付けるのには5分、2粒目を付けるのは早ロウ、という様に分けています。

5分ロウの次に7分を使えば最高3石付けれるのでは?という意見があると思うのですが、溶けるタイミングが30℃しか違わないロウ材なので、ちょっとのタイミングですべてが溶けてだしてしまい、あっという間にバラバラになってしまう事も。

溶かすためのガスバーナーは手動で、目で見て耳で聞いて、炎の大きさや温度をカンで調整しています。(勘というとテキトーっぽいですが熟練の技的に言うと聞こえが良い。笑)

なので、レーザー溶接の様に750℃に設定☆ピッ☆みたいには出来ないのです。

自分の感覚で溶けるタイミングを計りながら微調整する、という作り方の為、温度差の少し大きい5部と早ロウで制作しています。

7分でも集中すれば出来るのかもしれないのですが、ここは少し自分に甘い。。。

なるべく早く簡単に綺麗に、を考えると、今はこれが私にはベストかなーと思っています。

では、4石の物はどうやって作ったのか??

これは、制作の方法を別の技法に切り替えます!!

キャスト(鋳造)とよばれる技法で、金属を溶かし、金型に流し込んで物を作る方法なのですが、金属になる前はロウソクのロウ材の様な、粘土の様な柔らかい素材(Wax)で形を作っていきます。

ちなみに、この色が違うのは柔らかさや熱で溶ける温度が違うから。

カタチによってこの種類のWaxがいいな、とか使い分けが必要です。この辺の作り方は人によってやりやすさや作り方が違うので割愛します。

ただWAXに関しては、上手くなる秘訣は才能が元々あるか数をこなすかにかかっている…と最近凄く思います。

実際、教わっていなくても独学でめちゃくちゃ上手い人が沢山います。逆に職人さんで私より経験が長いのに、あれ?みたいな人もいます。

私は流線形や植物などかっちりしていないデザインを作るのが得意なのですが、ごまかしの聞かないビシッとした直線!!直角!!みたいなものがすごく苦手です。

なので神経を使いながら一生懸命制作します。。。

カタチが出来たらキャストに出し金属へ。バリや湯口を大まかに削ります。

写真を撮り忘れてしまったのですが、キャスト上りはこのようにピカピカの状態ではなく、ガサゴソというか、肌荒れと呼ばれるマットな質感です。

それをバレルという大まかに磨く機械にかけてから取り出し、更に手作業で磨いていきます。

リューターという道具を使い高速回転で磨いていきます。ポイントという先端工具を2種類使い2回に分けて磨いた後に研磨剤をつけた布(バッファー)でさらに艶を出すために磨きます。

ちょっと前回のブログと写真が重複してしまったのですが(^_^;)

お客様には制作過程で2~3回程度お写真をお送りしています。商品単体だけの写真ではなく出来るだけ指にはめた時の写真もお送りする事で着けた時のイメージとのギャップを防げればと思っています。

実際、インスタで見た写真よりも実物が小さくて華奢で可愛かったです!!というお声を多くいただいています。

小さい物なのでなるべく細部まで見えるように大きめに写真をのせているのですが、実物は指輪。小さいという事を皆様お忘れなくっ!!!(;^ω^)

磨き上げたら石を留めていきます。

石の色味の確認もしていただく為にお写真をお送りしております。

石は基本的にネットショップにある種類を取り揃えているのですが、『この石ありますか?』というお問い合わせをいただけましたら探しに行きます!

大体のサイズや価格を教えていただければそれに添えそうな物を探してお作りする事も可能なので『こんなの出来るかな?』というご要望がありましたらお気軽にお問い合わせください。(*^_^*)

さて、磨いて、石を留めて、メッキをかけたら完成です。

横から見るとこんな感じ。石座に若干ですが高さがあるので他のリングとの重ね付けも楽しめそうです♪

ご家族の誕生石が並んだリング。心がほっこり、温かくなります♡

このような通常ネットショップではない商品の場合、基本的に発送まで1~2ヶ月のお時間をいただいております。

サンプルが見てみたい!という方がたまにいるのですが、無料でお作りしてご覧いただく事が可能です。

ただ、その際サンプルも本番とほぼ同じ制作工程なのでサンプル1~2ヶ月、そこからGOサインをもらって本番が1~2ヶ月となりますので最大4か月の納期となります。

ネットショップ、姉妹ブランドのBaroqueBright、イベントや催事の準備等も独りでやりながら進めていますので、タイミングによっては早く出来たり少し遅くなったりするので1~2ヶ月と大幅な納期設定にしています。

結構お時間をいただくので、この日までに欲しい!!という方は必ず先にご相談下さい。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております(^^)/~~~

コルクブローチに詰まったみんなの思い出

スフェーンのオーダーリング

関連記事

  1. 6月の誕生石、ムーンストーンは恋の予感?

    2018.06.19
  2. 4月の誕生石ダイヤモンドのご紹介

    2018.04.08
  3. minne HANDMADE MARKET 2018 無事に終了しました。

    2018.05.02
  4. コルクブローチに詰まったみんなの思い出

    2018.10.14
  5. Creemaの作品ランキングで2位になりました!!

    2018.07.19
  6. 9月の誕生石サファイア。

    2018.09.12
PAGE TOP