Loading

BLOG

昭和レトロなイヤリングたち。

今日はキッチュでモダン、昭和レトロなイヤリングのご紹介です。

大振りでシンプルながらも目を引くデザインのイヤリングは実は挑戦しやすいアイテムなので是非コーディネートに取り入れてみて下さいね♪

写真をクリック(タップ)するとネットショップへ飛べます。

こちらのサクランボのような赤いボンボンイヤリング。

揺れるデザインは動きがありつい見てしまうのでデートにもオススメです。

でも、こういった個性的でオシャレなデザインのイヤリングは男性よりも女性受けしそうな気がするので女子会の方がオススメかも。

ヴィンテージイヤリングは裏の金具に本来ついているシリコンゴムのパーツが残っている物は殆どありません。

保存状態にもよるのですが、シリコンゴムは経年劣化により汚くなってしまったり硬くなって取れてしまう事がほとんどです。

なくても基本的にはお使いいただけるのですが、耳たぶの厚みによってはゴムなどワンクッションあった方が良い方もいると思います。

なのでご希望の方には新しく無料でシリコンゴムのカバーをお付けできますのでお気軽にお問い合わせください。

ただ、メーカーによってゴムの形は色々変わるので、20年以上前の物は殆どが廃盤になっている事も。

なのでいくつかのパーツ屋さんからゴムを見せてもらい合いそうなものを仕入れてお付けしています。

ピッタリハマる物もあれば若干ゆるかったり小さい物もありますが、お使いいただく際に違和感がないようにお作りしていますのでご安心いただければと思います。

※一部商品は形状上お付けできない物もありますので気になる方はお問い合わせください。

こちらのイヤリングも大振りでレトロなデザイン。

よく見るとグリーンとネイビーのお魚が封入されています!

透明感がありビタミンカラーの明るい雰囲気なので夏にもピッタリです。

柄のレトロなワンピースにも、ボーイッシュなパンツスタイルにも合いそうなデザインです。

大振りのイヤリングは小顔効果もあるので私は普段でもよくこれくらいのボリュームの物を付けています。

顏周りが華やかになると何だか綺麗に見える気がするので是非女の子には試してほしいなと思います!

大振りのアクセサリーを着けていると、何だか自信があって堂々とした感じにも見えます。

逆に小ぶりな物を着けていると繊細でちょっとか弱そうな華奢な感じが出たり。

お洋服もそうなのですが、着けるアクセサリーによっても自分の印象がガラッと変わります。

なりたい自分を着飾る事で演出できるのはとても楽しく素晴らしい事なので皆さんも是非ファッションやアクセサリーを楽しんでくださいね。

Dramasのアクセサリーのご紹介

ダイヤモンドの女・トモ

関連記事

  1. 日比谷ミッドタウン。

    2018.05.19
  2. ネットショップをご利用いただいている皆様へ

    2017.10.01
  3. 装苑アクセサリー蚤の市2018を終えて。

    2018.12.30
  4. 今日もコツコツ制作中

    2016.06.09
  5. ムーンストーンの女。サキ

    2019.06.11
  6. トリプレットオパールの1点物リングのご紹介です。

    2017.08.17

Facebook

PAGE TOP