Loading

BLOG

姉妹ブランドgrainの、POP UP SHOP 限定リングについて

2016年、1月1日、BaroqueBrightを立ち上げました。

今年で4年目となりますが、まだまだ至らない点や戸惑う事ばかりです。

日々、もっと良くなるように、前に進めるようにと試行錯誤を繰り返しているので、話していることに関して一貫性がないなぁと思われる方もいるかもしれません。

しかし、時間が経過して初めて分かる事、実際に経験して学んだ事、折り合いを付けなければいけない事などが私の中であります。

なのでご理解をいただけましたら幸いです。

今日は姉妹ブランドのgrain(グレイン)についてのお話です。

今まで、ネットショップと実店舗での取り扱い商品をほぼ統一し、その中で少量のみ、イベント限定の商品を制作していました。

しかし、主力商品のリングは制作にかなり時間がかかる為、通常のネットショップを運営しながらイベント分の商品を制作する事がだんだん難しくなってきてしまいました。

制作工程についてはこちらをご覧下さい。→☆☆☆

ネットショップでご注文をいただければいただけるほど、その分イベントで出せる数が減っていきます。

寝る間を惜しんで制作していましたが、独りでこなせる量には限界があります。

先日、初めてネットショップのお客様から☆2つのレビューをいただいてしまいました。

5段階評価のうちの、2です。

正直、物凄くショックでした。

勿論、お客様が悪い訳では全くありません。

むしろ、きちんと丁寧にレビューをいただけた事で改善すべきことが明確になったので本当に、本当に感謝しています。

そのレビューの理由は、私が石を留める際の接着時間をきちんと置いてから梱包しなかったことが原因です。

以下がレビューの原文になります。

とても綺麗なオパールで、大きさもちょうどいいです。
ただ袋から開けた時に、接着剤が乾く前に袋に入れてしまったのか分かりませんが、ネックレスのチェーンがオパールと台座の横から漏れていた接着剤とくっついてしまっていました。引っ張ったら離れてくれましたが、はみ出てた接着剤のところが近くで見ると気になります。
黒い入れ物が付いていて嬉しいですが、ネックレスの作りがとても残念でした。

いつもなら、きちんと接着剤が固まったのを確認した上でお包みするのですが、その時、注文が多くお待たせしているお客様が沢山いました。

『発送はまだですか?』というメッセージもいくつかいただいており、焦れば焦るほど間違えた号数を作ったり石留めに失敗してしまったり。

早く送らなければ、という焦りの気持ちが、このような事態を招いてしまいました。

申し訳ない気持ちと情けなさ、悔しさで胸がいっぱいになりました。

自分でこなせる量は、大体この位という数が分かっていたつもりだったのですが、もしかしたら限界値を知っただけで、その限界値を継続できるかという点については自分を過信していたのかもしれません。

また、主な活動で収入源でもあるネットショップには、本当に色んな人がいます。

商品説明ページに書いてあるのによく読まずに何度も質問をしてくる方や、

サイズのお間違いがないようにしつこくメッセージを送っているのにも関わらず、忠告を聞かず自分で測りサイズが合わないので返品したいという方。

※サイズについてのブログをお読みでない方は是非ご覧ください。→☆☆☆

サイズに関しては、本当に説明するのも大変ですし、返品交換、作り直しのページまでのご案内と地味に手間暇がかかります。

注文数が多いほど、そういったお客様の割合も増えていきます。

制作、梱包発送、メール対応、ネットショップ運営、イベント活動…

最近、色々とあり、心も体も限界だったように感じます。

頑張り過ぎた・・・欲張り過ぎた、と言った方が良いかもしれません。

もう少し、胸がぎゅっとなることなく、仕事を楽しいと思えるようなペースで進めて行かなくては、事業を継続して行く事は出来ないのではないかと考え始めました。

色々な働き方がありますが、私は別にお金持ちになりたいわけではないのです。(あ、なれたら嬉しいんですけど。笑)

心を病む事なく、もちろん身体も健康で、毎日寝る前に楽しかったな、幸せだな、明日は何をしよう?と思いながら眠りたい。

そんな生活を、ずっと繰り返していくのが、私の今の目標です。

好きな事を仕事にして生きていくって、やっぱり難しいなと改めて思う。

それでも、やっぱり楽しいから続ける!と、言えたら幸せだと思う。

長くなってしまいましたが。

そんなこんなで力の抜きどころとして委託販売等の出展時には、作るのが簡単なサイズを限定したリングのみの商品展開にしよう、という結論に至りました。

価格も作るのが簡単な分、若干お安くなっております。

何故作るのが簡単なの?という答えは・・・

ズバリ。磨く工程が少なくなるからです。

詳しくは商品展開をしているgrainのHPでブログを書いていますのでそちらをお読みください。

『バレル仕上げについて』・・・https://baroque-bright.com/grain/barrel-2019/

ちなみに、BaroqueBrightの商品ではバレル仕上げの物は作らず、変わらず一つずつ物によって磨き方を変えながら手作業でこれまで通り時間をかけ制作していこうと思っています。

メリット、デメリットそれぞれあるので是非ご一読の程をお願い致します。

BaroqueBright・MIKI

ガーネットのリング。

4月の雪。

関連記事

  1. ハンドメイドインジャパンフェス2016

    2016.07.26
  2. サイズオーダー式のリングに関してのお願いと想い

    2016.03.05
  3. 制作のイメージ

    2016.03.30
  4. エレガンティアリングの嬉しいオーダー

    2018.02.16
  5. ヨコハマハンドメイドマルシェに出店します☆

    2016.05.23
  6. 高校時代の友達

    2016.04.04

Facebook

PAGE TOP