3月9日~16日、有楽町マルイ1階にて販売いたします。

3月9日から16日まで有楽町マルイ1階、期間限定ショップタピエスタイルにて販売致します。

1週間ですが、私も出来る限り店頭に立とうと思っています。

タピエスタイルさんは丸の内の個展でお世話になったところなのですが、今回の企画にお声がけいただき、少し急だったのですが参加させていただく事になりました。

今回、場所がとても良かったので、沢山の方に実物を手に取っていただける機会があればと思い出展を決めました。

しかし、今後の催事出展はもしかしたらあまりないかもしれません。

もちろん、とても良い場所だったらまた考えるのですが、出展をしてしまうとネットのお客様をお待たせしてしまうのに加え、新商品がなかなか出来ません。

全てを一人でやるには、やはりどこかを妥協して折り合いをつけたりしなければいけないと改めて思いました。

また、BaroqueBrightの商品は『ワンランク上のアクセサリーでありながらも手の届く商品』である事を目標にしています。

なので、もともと委託手数料を考慮した金額設定ではありません。しかし店頭販売時もネット販売と同じ価格設定にしています。

知ってもらいたいという強い思いがあるので、利益がなくても出展をと頑張っていましたが、忙しさに追われ、そもそも私のやりたかった事とは?と自分を振り返る時間が必要な気がしました。

有楽町の出展が終わったら、4月からの新ラインに向けて少し色々な事をじっくりと考える時間を作りたいと思います。

自分の商品を“ハンドメイド”と呼ぶ事、呼ばれる事に対してずっと感じていた事や考えていた事…。このお話はとっても深く長い話になると思うのでまた改めて…。

とりあえず目の前の事に精一杯の力を注いでいきたいと思っています!

宜しくお願い致します。(*^_^*)


2件のコメント

  1. こんにちは。
    普段、何気なくハンドメイドという言葉を耳にしていますが、美樹様のジュエリーを購入させて頂くようになってから、その言葉の意味をよく考えるようになりました。
    美樹さまのジュエリーは、私にとって「デザイナー兼職人さん兼起業家様が作っている、価格の贅沢な(価格より提供される物の価値があまりにも高いという意味で)ジュエリー」という位置付けでしたので、なぜだか「ハンドメイド」という響きが軽く感じられてしまったのです。
    でも考えたら、それは「ハンドメイド」という意味を履き違えていたなぁ…と反省しました。
    ハンドメイド作家様も勿論色々かとは思いますが、一つ一つ手間暇や想いを込めて作られていると思いますし、お値段以上の価値を提供されている、しようと努力して下さっている方が沢山いることを、教えて頂いた気がします(^-^;
    天然石は一つ一つ違うことを考えると、美樹様のジュエリーはもはやオーダーメイドかとも思いますし、本当にこの価格でこんな贅沢なものを購入させて頂ける幸せを、いつも噛み締めています。
    本当にありがとうございます。

    1. コメントありがとうございます。
      スパムのフォルダーに入ってしまっていて気が付かず…
      そんな風に言っていただけて凄く嬉しいです!
      『ハンドメイドと言う言葉が何だか軽く感じられてしまった』と言うお言葉。
      実は、私もピッタリそのような事で悩んでいたのです…!!
      自分だけのこだわりが強いが故の考え方なのかと思っていたので、同じ感覚で見て下さっていた方がいたという事にとても感動と言うか、嬉しさを覚えました。
      また、『お値段以上の価値を提供されている、しようと努力して下さっている方が沢山いること』と言うお言葉にもとても感激しました。
      私も、そうゆう素敵な考え方を出来るようにならなくては。(*^_^*)
      まだまだ話したいことは沢山あるのですが、長くなってしまいそうなので取り急ぎメッセージのお礼まで…。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*