好きな詩

「わたしをすきなひとが、わたしに関係のないところで、わたしのことをすきなまんまで、わたし以外のだれかにしあわせにしてもらえたらいいのに。わたしのことをすきなまんまで。」

 

私の一番好きな詩の冒頭です。

最果タヒさんの夢やうつつという詩。更にこう続きます。

土曜日はしんだふりの練習をして、花畑を何重にもつみかさねた実験場で、ゆっくりとしずんでいきたい。

うすぐらがりのなかでみる花束が想像以上にきれいでなくて、美人のともだちのかおが、暗闇ではほとんど美しくなくて、けっきょくきれいだったのは光だけだったんだと思った。

言い残したこともないのに、深海ではいきものがくちをぱくぱくとさせて、泣いているね。わたしはきみたちのきもちを知っているよ。

遅くでいいから、愛してほしかった。

わたしがしんでも、わたしが目の前に永遠にあらわれなくても、愛してほしかった。

どこかでラッパの音がする。きみのほほに風がたどりつく。

そのとき、どこにもいない、知らないわたしのことを、ぎゅっとだきしめたくなるような、そんな心地に一生なって。

愛はいらない、さみしくないよ。

ただきみに、

わたしのせいでまっくろな孤独とさみしさを与えたい。

 

 

皆さんに暗いねと言われそうですが、好きなんです。

何とも言えない、もやもやした気持ちを、美しく、意味深に、解る人にしか気付かれない様な暗号となって表しているようで。

でも女性なら、この詩の気持ちが少しだけ解る様な気がするって人、多いと思います。

この詩を読むと、私の心の中にはこんなイメージが出てくるのです。イメージを伝えたくてちょっと絵を描いてみました。

最果タヒ絵2

花弁が舞う中、深海にゆっくり沈んでいくような。でも苦しくなくて穏やかな気持ちで凄くぼんやりしている。

キラキラ光る水面を仰向けに眺めている人魚姫の様な、そんな気持ち。

何だかちょっと切ない感じなんです。結構怖いこと言っているのに(笑)

今日はそんな感じで・・・☆


2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*